廃車費用を払わずに車を処分でき、お金も手に入る方法を紹介します

廃車には費用がかかります!

車を廃車にするときには以下のような費用が必要となってきてしまいます。(2005年からはリサイクル料金というものも必要となっているのです)

 

 

1:車の引取りを依頼した時に発生する車の運搬料
自分で車を持ち込む場合は無料です

 

2:車の解体費用(車の車種や状態によって変わってきます)
平均しておよそ1万円ほどの料金が必要になってきます。

 

3:車のリサイクル料金
(車の車種や状態によって変わってきます 7000円〜18000円程度

 

4:抹消登録費用
350円

 

5:廃車の手続きを業者に依頼する場合に発生する手数料
2000円〜10000円程度
自分で手続きを行う場合は無料です)

 

 

以上のように車を廃車にする場合はそれなりの費用が必要となってくるのです。
自分でやる場合、1と5の分が安くなるわけですが、それでも2万円〜3万円かかってきます。

 

車を処分するのにこんなにお金払いたくない!と思いませんか?

 

私は下記の方法で車を処分するのですが、ただな上にお金がもらえるので、
次、購入する新車代にもできておすすめですよ。


一括査定サイトを活用する!

中古車の一括査定サイトを活用するのです!

 

廃車するような車なのに、査定してもらえるの?と思うかもしれませんが、
意外と値段が付くものなのですよ。

 

もちろんどれくらいの車体状況にもよりますが、
衝突事故を起こして前がぐちゃぐちゃな車程度なら買取してくれる業者は存在します。

 

前がぐちゃぐちゃな車と後ろがぐちゃぐちゃな車があったとしたら、
使えない部分をそれぞれ切り取り、それぞれを部品として輸出させ、売る予定の国の工場で合体させて売るという方法を取るからです。(車として輸出するより安くできるからです)

 

そんな車買う人いね〜だろ?と思うかもしれません。

 

確かに、国内でそんなわけのわからない車を売りに出しても買う人は少ないかもしれません。
相当安ければ買う人いそうですが…

 

が、海外の、特に発展途上国だと動く車というだけで購入する人が多数います。
日本みたいに道路も整備されてないですから、車は本当に有難いものなのです。
さらに、日本車ですから、日本車ブランドパワーでけっこう高く売れるようです。

 

1部の手法を紹介しましたが、その他にもいろいろなやり方で上手にやってる業者が多いです。
なので、事故車であろうが、水没車であろうが、値段が付く可能性があるということです。


一括査定サイト一覧

査定比較.com


査定比較.comはカーセブンやガリバーといった大手の中古車買い取り業者と提携していて、
最大10社から見積もりがもらえますから、
どんな車でも値段が付く可能性は非常に高いです。

 

参加業者は215社もあり、
非常に高値で車が処分できると評判です。

 

申込みはたったの1分できますから、簡単です!

 

https://www.kurumasateihikaku.com/

 

 

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは
お申込みが30秒でできるので、非常に楽なのが特徴です。

 

また、ホームページ上に実際に買取された金額が載っていたり
色々な知識が記載されていますので、
車を売る前に一読する価値はあります。

 

http://a-satei.com/

 

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は155社もの中古車買い取り業者と提携しています。

 

また、お申込みも1分ほどでできますから、簡単です。
さらに、今なら10万円が当たるキャンペーンも実施中です。

 

http://www.zba.jp/car-kaitori/

 

 

カーセンサー

カーセンサーはリクルートが運営している車一括査定サイトです。

 

大手だからこそのネットワークで、どんな車でも買取してもらえることでしょう。

 

http://www.carsensor.net/

 

 

 

 

1つのサービスだけだと値段が付かない可能性もあるので、
4つのサービス全部使うことをおすすめします。
面倒な方は査定比較.comとズバット車買取比較とかんたん車査定ガイドの中から2つでも良いと思います。
かかる時間は2分ほどですから、カーセンサーだけに査定してもらうより短時間でできます!

廃車で損した人の口コミまとめ

廃車に8000円も払ってしまった方の体験記

あまりお金が無かった私は中古車を安く購入して乗っていました。
しかし車検の負担が重い上に、その車検を行う業者さんから次の車検は無理だろうと言われ、車を手放す事にしたのです。
元々、母の通院の為に車が必要だったのですが、その母も施設に入所し、私自身は自転車でもあれば良かったし、車がこのままではバラバラになりかねないと、車屋さんに言われたからでした。
実際道路走行中にタイヤが外れた事もあり、この車が危険な状態である事は分かっていました。
しかし、そんな車ですから、中古車買い取り業者も当然買い取りは無理であり、廃車にするなら2万ぐらい掛かると言われてしまい。
とても困ったのですが、会社が利用している個人経営の車の修理屋さんに相談した所、8000円で廃車にしてもらえる事になりました
車種はホンダのライフ。
購入した時は10万の中古車だったのですから状態は推して知るべきです。
それでも3年間、病気の母を助けてくれたのですからありがたい気持ちもありました。
人間で言えば老骨に鞭打って働いてくれた訳です。
そして、この車が私にとって最後の車となりました。
一回ぶつけられた事があるだけで自分が事故を起こした事はなく、エンジン周りは快適で、ガスが切れていてクーラーは付きませんでしたが、良い車だったと思います。
新車を買えるぐらいの甲斐性が出来ればまた車を買う事もあるかもしれませんが、とりあえず今の所、再び車を運転する事は無いでしょう。
最後の車には今でもありがとうと言いたいですね。

 

廃車に3万円も払ってしまった方の体験記

今から20年近く前ですが、会社の先輩から60万円で買ったBMW745i(8年落ち、走行距離8万キロ)を、半年乗って廃車にしました。いや、正確に言うと、廃車にせざるを得ない状況に追い込まれてやむなく廃車にしました。しかも旅先で。
そこに至る過程としては、当時住んでいた大阪から彼女と一緒にクルマで金沢に一泊旅行をしに行こうとした道中で(高速道路の京都を過ぎた辺りから)、水温計がレッドゾーンを指すようになり、もしかして冷却水が無くなって来たのかと思い、サービスエリアのガソリンスタンドで冷却水を補充してそのまま進んでいったのですが、一向に水温計が下がらなくて、おかしいなとは思いつつ、それでも旅路を急いで北陸自動車道でクルマを走らせていた所、車内に異臭が立ち込めてきました。慌てて路肩に止めた、エンジンもそのまま止まってしまい、イグニッションキーを回しても、エンジンはかからなくなってしまいました。
目的地の金沢まではあと2〜30キロだったと思います。
ボンネットを明けてエンジンの冷却水の投入口のフタを開けると、昔のアメリカの映画でポンコツ車からプシューッと水蒸気が出るのと同じような感じで、水蒸気が出てきました。
ここまで来るのにも、何度かクルマを止めては水温計が下がるのを待ちつつ来たので、今回も水温計が下がるのを待つことにしました。辺りはもう夜で真っ暗な北陸自動車道の路肩で彼女とクルマの中、言葉も無く待っていました。
ようやく冷めたかなという頃にエンジンをかけると幸いにもかかったので、そこから最寄りの料金所で高速を降り、その近くの自動車修理工場を探して行きました
そこで言われたのは、「冷却水を送るポンプが壊れている。ドイツから部品を取り寄せるのに2週間ぐらいかかる。仮に部品を交換しても、エンジンが焼けている可能性があるので、大阪までの距離を走れる補償はできないけど、どうしますか?」と言われ、呆然としながらも「廃車にします」と言いました。
廃車代の費用は3万円だったと思います。
修理工場の人に、金沢まで旅行に行く途中だったという話をしたら、同情してくれて工場のクルマを一晩貸してくれて、宿まで辿り着くことができました。
翌朝、工場にクルマを返し、JRの駅まで送ってもらい、なんとか帰路につきました。

 

廃車に5万円も払ってしまった方の体験記

今から5年ほど前にダイハツのムーブを廃車にしました。別にもう1台車を所有していて、そちらがメインでした。その車を私が仕事用にも使用しムーブは妻が買い物など近距離運転用に使用していました。
しかし既に10年近くも乗っていると所々に不具合も生じてい来ました。車検も1年おきで負担になるし、使用頻度が少なくなる一方で維持費はかかるようになっていたので、買い替えるか手放すか悩んでいいた頃でした。
そんなある日、ムーブを運転していると交差点で停止したまま発進出来なくなってしまいました。いろいろ不具合はあってもエンジン系のトラブルは一切なかったので焦ってしまいました。
あわててJAFに頼んで最寄りの修理工場まで運んでもらったのですが、修理費用に30万円もかかると見積もりされ、これをきっかけにして手放す決心が付きました。
しかし下取りに出して次の車に買い替えようにも下取り価格が付かないと言われ、最終的に廃車にすることになりました。
よく覚えていませんが廃車費用は5万円弱ではなかったかと思います。
それまでは下取りの出して買い替えるパターンを繰り返していたので、廃車にしたのはこの時が初めてでした。下取りはまた誰かに乗ってもらえるかもしれないと思っていましたが、廃車となると即スクラップのイメージがあり何だか可哀想な気がした思い出があります。
軽自動車なのに10年近くも乗って愛着が湧いていたことをその時に初めて認識した思いでした。

 

 

 

上記の方たちのように
廃車費用は払うしかないものだと考えている方が多いです!

 

あなたはせっかく廃車費用を払わない方法を知ったので、
ぜひこの方法で少しでもお金が手元に残るようにしましょうね。

 

 

税金があるので、乗らないなら廃車にしないともったいない

車を所有していると税金が毎月かかります。この税金は車検を更新するときなどに一度に払うことが多いです。そのため、廃車にすればすでに払ってしまった税金も、残りの月分が戻ってきます。つまり、車検が残っているのなら早めに廃車にした方が還付される金額も多くなるということです。では、自動車にかかる税金とは具体的に何でしょうか。それは自動車重量税と自動車税です。この2つの税金は、走行していない状態の車、たとえば乗っていないが駐車場に置いているだけなどでも課せられる税金です。自動車重量税は自動車重量法に基づき課せられる税金です。文字通り車体の重量に応じて課せられます。自分の車の重量については車険証に記載されています。車両重量と用途、自家用車か事業用かの欄が計算対象となります。次に自動車税の還付についてです。これは普通自動車か軽自動車かで計算方法が変わります。いずれも4月1日の時点で所有の車体に税金がかかり、7月頃に納付書が手元に届きます。自動車税が未納な場合でも廃車にすることができます。この場合、抹消登録後に自動車税事務所から通知が届くようです。


事故車と修復歴のある車の違い

査定する上で査定士は事故車という言葉は使いません。査定士の中にはお客様に対してわかりやすく説明する上で事故車という言葉を使う方もいるようです。というのはもちろん、査定士は事故歴がその車にあるかどうかはわからないのですから。事故車とは読んで字のごとく事故を起こした事のある車のことを言います。事故の大小にかかわらず事故を起こしたことのある車は事故車です。修復歴のある車とはどんな車の事なのでしょうか。分かりやすく言うと、車を構成する骨格部分が損傷したものをいいます。その骨格は全部で9箇所あります。その9箇所のうち1箇所でも交換または修復されたことがあれば修復歴のある車という事です。逆に言えばこれ以外の部分を交換または修復しても修復歴のある車と言わないという事になります。この修復は事故によるものはもちろん、故障によるものも含みます。事故車と修復歴のある車の違いは日本語の違いである事とともに、修復歴のある車を細分化した中に事故車があるという事になります。ちなみに車を売る際に先に述べた修復歴の有無で大幅に変わることはあるようですが、事故の有無で値段が大幅に変わるという事はないようです。


車が高く売れる時期はいつ?

中古車にも市場があり、相場があることをご存知でしょうか。新しいものが高く売れるのはもちろんなのですが、様々な要因が相場を日々変動させています。基本的には中古車オークションでの落札価格がその車の相場になります。つまり、この中古車オークションでの落札価格が高い時期が買取業者の買取価格も高くなる時期なのです。具体的にこの時期という事はできませんが、落札価格が高くなる要因はいくつかあるようです。近年ではエコカー減税などで車関係の法律が変わったことにより買いやすくなって需要が増えたことなどがあげられます。他にも企業の決算前の3月や9月、結婚の増える6月、入社入学や転勤の2月から4月は車を買う人が増えるので中古車オークションの相場も上がるようです。また春夏秋冬、季節によって需要が増える車種もありその時期は限定した車種が高くなる傾向にあります。高く売るための要因は様々あるのでこの時期にこの車の相場が高くなるとは一概にいうことはできませんが、愛車を高く売るためには時期や情報を把握しておくことが重要です。


自動車税未払いでも廃車にできる?

自動車税が未払いでも廃車にできるかどうかは答えはYesです。廃車にするかどうかは永久登録抹消という手続きを陸運局で行います。自動車税については市町村の自動車税事務所が管轄しますので廃車の時に税金について聞かれたりすることはまずありません。ただし、廃車にしたからといって今までの未払いの自動車税が消えてなくなるということはありません。未払いで滞納した場合も払うまで請求が来ることになります。自動車税は4月の時点で自動車を所有している人にその年の7月頃に請求用紙が送られてきます。普通自動車の場合、すべて払ったとしても、廃車後の残りの月の分は還付金として戻ってきます。ただし、軽自動車の場合は戻ってきません。これは元々の自動車税分が少ないためです。つまり、払うことを先延ばしにしても請求はずっと続くので未払いの自動車税は払ってしまいましょう。廃車にすれば普通自動車なら残っている月分が還付されます。また、自動車税分を払ったとしても廃車にして本体の下取りをしてもらえれば自動車税分の金額の元は取れることがあります。廃車後に車体を売ったお金で払うこともできますね。


名義人死亡の時の廃車はどのように相続すれば良いでしょうか?

名義人の死亡した車、しかももう使わない車は一刻も早く抹消登録をしなければいけません。死亡した方の車にも自動車税がかかるからです。無駄に遺産を食いつぶすことになりますのですぐにでも手続きをしてください。ただ名義人が故人の名前のままでしたら諸部をすることができません。車を処分できるのは名義人だけだからです。たとえ故人のものであったとしても処分ができません。ですのでとりあえず相続人の誰かが廃車を相続する形になります。廃車を相続する場合には家族すべての印鑑証明を取得する必要があり、そのあとに遺産分割協議書に相続人全員が捺印をします。これで名義変更が可能となり、廃車もできるようになります。この後の手続きは通常の廃車処理の手続きと同じになるのですが、処分の時に必要となる書類は車検証とナンバープレート、そして故人が亡くなったことを証明する書類、相続人の委任状や印鑑証明、解体報告日の証明や解体車の移動報告番号などになります。また税金の還付を受けることもできますのでこちらも忘れずにしておくようにしてください。そのままにしていますと大変なことになりますので自分が使わないからといってそのままにしておくわけにはいきません。それから一時的に車の相続人となる人ですが、できるだけ運転免許を持っている方が相続をするようにしてください。処分場に持っていくときには車を運転しなければいけないからです。直接持っていきますと処理代が安くなります。


廃車時に考えられるトラブルとは?

愛車の廃車時には依頼する業者を慎重に選ばないと様々なトラブルに見舞われる可能性があります。たとえば、廃車を業者に依頼するときには、車の解体と陸運局(陸運支局)への「永久抹消登録」の届出などの一連の手続きをまとめて依頼する場合がほとんどですが、ときには、車を解体せずに不法投棄したり、そのまま中古車として売却してしまう悪質な業者も存在します。こうした業者は、当然、必要な手続きを行なっていないことも多いので、しばらくして廃車にしたはずの車の自動車税の納付通知書が届いてしまうこともあります。これは、永久抹消登録の届出が行われていないためですが、ひどい場合には名義変更も曖昧にされたまま転売されていることもあります。相手が悪質業者だった場合には、担当者と連絡が取れなくなることも多く、直接、車を購入した人と連絡を取って名義変更などの手続きを自分で行うことになるので、当事者間で揉め事に発展する可能性もあります。その他にも、見積りが安かったから依頼したら追加料金を請求されたという事例や、無料出張見積りに来た業者を断ろうとしたら長々と居座って強引に契約を迫られたというちょっと怖い事例も報告されています。このように、廃車時のトラブルには様々なものがありますが、これらは依頼者が廃車手続きについてよく知っていれば回避できるケースも少なくないので、事前にどのような手続きが必要なのかをリサーチしておくことが大切です。また、優良な業者は、事前にきちんと解体にかかる費用や廃車手続きの手数料などを明確に提示した上で丁寧な説明を心がけており、手続きの完了後には永久抹消登録完了の証明書などを独自に発行している業者もあるので、トラブルを避けるためには、こうした業者を選びましょう。

 

 

普通乗用車の平均走行距離と廃車のタイミングとは?

廃車にする際の基準には様々な物がありますが、中古車査定で大幅な減額査定がでてしまうと廃車にするタイミングについて気になってきます。中古車査定で減額の対象になるものには、ボディのコンディションやエンジンなど駆動系の状態がありますが、劣化の基準となるものに走行距離があります。平均走行距離の基準は車両クラスによって異なってきますが、5年で5万km、10年で7万kmがおおよその標準になってくると言えます。これよりも少ない場合にはプラス査定となりますし、逆にき距離計が進んでいる場合にはマイナス査定になります。現在の国産車は、完成度が高く品質の高さは世界的にもトップレベルにありますので、10年10万kmを超えてもメンテナンスをしっかりと行っていれば不具合もなく乗ることが可能です。ですから距離によって廃車のタイミングを決めるべきではないと言えます。過走行では中古車査定で良い結果は出ませんが、売却せずに乗り続ける場合には中古車査定の価格は無意味なものになります。価値が少なくてもトラブルもなく乗ることができれば、車としては十分な価値を持っているのです。廃車のタイミングは、故障やトラブルが多発してくる時期が最適なタイミングとなるのです。故障した場合には修理費用が掛かりますので、重大な故障の場合には修理費用も高額となります。中古車相場で10万円の価値しかない車を50万円掛けて修理するのは経済的ではありませんので、車両の価値や過走行ではなく維持費が割高になった際に廃車を考えるのが良い方法なのです。


更新履歴