廃車 費用

下取り廃車のため費用はかかっていない。

新車購入につき、それまで乗っていた中古車を下取りに出したが、トランスミッションとエンジンが寿命であるため廃車にするしかないということだったので、おとなしく廃車にすることとなった。
中古車とはいえ初めて買った車でもあり思い入れも深く、廃車にするときは感慨深いものがあった。本来は廃車費用もかかるのだが、新車購入に伴うものということでディーラー担当者から廃車費用はまけてもらえることに。
廃車にするので本来は必要ないことではあるが、何となく清掃はしておきたいと思い洗車と車内清掃は行った。付属のジャッキや工具、発煙筒はまだ使えるのでそのまま降ろして予備として取っておくことにした。
廃車時には引き渡しをするだけであったので、実際に廃車の場面に立ち会ったわけではないが、よく乗ったこともあり最後に乗る際は少々感慨にふけりながらハンドルを握ったことを覚えている。
オプション装備などがあれば取り外して別途売ることなどもできたのであろうが、あいにくオプション装備の類は未装備であったので、取り外しや売却の手間はなかった。
その後様々なところで聞いてみると、廃車には本来かなりの手間や費用がかかるということだったので驚いた。かなり幸運だったのだと思う。
中古車買い取り専門店に下取りに出してもよかったのかなと少し思い、後日になって近くの中古車買い取り専門店に顔を出して、それとなく聞いてみたところ、その中古車の状態だと買い取り価格はつけられないので、廃車にするしか選択肢はなかったと思いますとのことだった。むしろ費用は取らないといけない上に届け出も面倒なので、ディーラー任せで正解でしたよとのこと。
しかし、廃車専門の買い取り専門店も最近は出てきているという話も同時に聞くことができた。話によると、部品ではなく鉄屑やアルミ塊などの素材として、また電装系はリサイクル可能部品もあるとのことで、廃車にする車といえども多少ながら値が付くこともあるということだった。

廃車に関する知識記事一覧