廃車 費用

会社の車を廃車にしてしまった

今でも、あの日を思い出します。
考えてみたら、すごく疲れていたんです。
毎週のように続く残業でした。
まだ、入社して1年ぐらいの私はまだ頑張りが効く時期です。
逆に言うと、頑張りすぎて寝不足になっているくらいでした。

 

営業で乗っていた相棒は、日産のADバンでした。
簡単に言うと営業車です。
沢山の荷物が乗るので、クライアントの物も会社の物も乗るので使い勝手がいい車でした。
私自身としては、小柄な女子だったのでもう少し小さい車の方が良かったのですが仕方ないですね。
下っ端としては、荷物を運ぶのを手伝って欲しいということだったのでしょう。

 

その時は、営業先のクライエントとの会話や提案したことを忘れないように、書き留めていたんです。
お店が路面にあったので、少し路地裏に入って何処かの駐車場で少しまとめていました。
さて、次のクライエントの所に出発!

 

そう思って、アクセルを踏んだ時に気がついたらドンという衝撃でした。
ん?
と思ったのと、鈍い痛みと衝撃がきたのが同時だったと思います。
出会い頭の事故でした。
ちょうど少しカーブがかかっていて見えにくかったのでしょう。
相手の所に突っ込んでしまっていたのです。

 

目の前が真っ暗になりました。
相手もいたので、警察に電話して上司に連絡しました。
車のディラーからレッカー車も到着です。
上司の顔を見た時には力が抜けて涙が出ました。

 

 

完全な私の確認ミスでした。
相手は30キロくらい、こっちは駐車場から飛び込んだ形でした。
ADバンは、真正面から突っ込んだ形になってエンジンが全壊してしまいそれだけでも50万円かかると言われました。
相手に突っ込む形だったので保険も10対0で全額払うことになり、かなり怒られました。
前の部分だけで50万なら、中古の営業車を買った方がいいだろうと言うことになり、ADバンは廃車になりました。
会社でも、車を廃車にしてしまった女のレッテルが貼られてしまって気まずい思いをしました。

 

それまでは目標の倍くらいの売り上げがありましたが、何事も程ほどにという事なのでしょうね。良い勉強になりました。
でも、思い出したくは無い思い出です。


会社の車を廃車にしてしまった関連ページ

居眠り運転の怖さ
居眠り運転の怖さ
25万キロ走ったワゴンR
25万キロ走ったワゴンR
トラックにつぶされたFZR1000
トラックにつぶされたFZR1000
エンジンが故障した車を廃車にしました。
エンジンが故障した車を廃車にしました。
ドキドキしながら自分で廃車にした体験談
ドキドキしながら自分で廃車にした体験談
約10年愛用した我が家の車をエコカー補助金欲しさに廃車
約10年愛用した我が家の車をエコカー補助金欲しさに廃車
廃車費用とスクラップ市場の関連
廃車費用とスクラップ市場の関連
作業用のワゴン車
作業用のワゴン車